思ひわび さても命はあるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり
 
<< 紅天已死 歳有戊子 | main | 四月コミックメモ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.01.15 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
チベット関連メモ


チベット自治区ラサで発生した暴動について
会見する中国外務省の劉建超報道局長=17日〔共同〕

「自らの人権の歴史反省すべき」EUに猛反発―中国政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080317-00000033-rcdc-cn

2008年3月16日、中国新聞社の報道によると、国連ジュネーブ事務局
常駐中国代表団の銭波(チエン・ボー)副代表は現地時間16日
国連人権理事会第7回会議で
中国の人権問題に対する誹謗中傷は断固受け入れられないと答弁した

(以下略)

 つまり、こういう意味ですか?↓   判りません(><;



 一体どこの誰に話しかけているのか判っているのかね?
 私が緑の人民服を着ていれば良かったかな?

 我々は中国共産党だぞ?
 自国民を何人粛正したと思っているのかね?
 闘争と暴力を呼吸するかの様に行う紅い集団にかね?

 いかれている?
 何を今更!
 四千年程いうのが遅いぞっ!!

 よろしい!!
 結構だ!!
 ならば私を止めてみろ自称人権擁護派諸君!!



(ネタ提供・黒田さん)


※注…四千年前から易姓革命と称して、殺しまくり
   前王朝の関係者は九族皆殺しがデフォルトで
   文化・習慣・慣例なども交替時に一掃する

   中国大陸の王朝や政権の歴史は
   巨大テナントに入れ替わるラーメン屋のようなモノで
   王朝間の歴史的連続性は極めて薄く、例えて言えば
   そこに「ラーメン屋」はあったけど、店変わったんだ?状態
  
   王朝・政権など政体は変われども
   基本的に漢族のやってる事には大差が無いといえるが
   中共政権の成立は、あくまで1949年
   中国四千年のフレーズは漢族であって
   中共ではないので要注意(そこが笑いどころなんですが)   

--------------------------------------------------------


チベット問題に厳しい視線をかなろぐ
http://blog.goo.ne.jp/kanataylfc/e/485e7f89d4594e462fbaa904109fce86








You Tube版(字幕無し)
http://youtube.com/watch?v=BcX0pB8QAag


隠蔽されたチベットの真実電脳寺
http://homepage3.nifty.com/~dennoji/t_gallery.htm


どうして日本の反戦団体は中国のチベット虐殺を無視するの?
9条や無防備宣言でチベットを守れるの?

http://turenet.blog91.fc2.com/blog-entry-2527.html


サポート 〜チベット支援のために、あなたのご協力を!〜http://www.tibethouse.jp/support/index.html
ダライ・ラマ法王日本代表部

○所感

世界中至る所で虐殺や紛争が起こっており
それらを公平に挙げていけば、それこそキリがありませんが
チベット仏教に学ぶところ大な者として
この問題は看過できずに取り上げました

所属宗派や日本仏教界の反応などを見ると、ほぼスルーという現状
日本仏教は北伝なので、中国とかシルクロードに
シンパシーや憧れを感じているロマン仏教派が多数を占め
文革後に、中身を入れ替えられた中共の傀儡である現地寺院と
日中交流などというプロパガンダに肩入れしてますが

各宗派の祖師が世話になったのは
隋・唐・宋であって
断じて中共では無い筈なんですが…


鉱物資源や核開発に加えて
中原で賄いきれない人口を移住させたりと
物資やエネルギー問題が絡んでいるので

日本の仏教宗派がチベット解放を叫んだところで
中共は蚊が刺したほどの事もないでしょうが
各宗派ともここはキッチリ声明を出すべき局面かと

特に密教系は声を大にして叫ぶべきなのに
上の親中路線でスルーかと思うと情けないので
役職の中でやれるとこまでやってみようと思う次第

【チベット大虐殺】 温首相
「ダライが『チベット独立放棄』し
『台湾を不可分の中国領土と認める』なら対話してもいい

(痛いニュース

もう、どこに突っ込んだらいいものやら…
【2008.03.19 Wednesday 19:17】 author : 仁鐵
| 二条落書(ニュース) | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2015.01.15 Thursday 19:17】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://bouzumekuri.jugem.cc/trackback/180
トラックバック

Calendar