思ひわび さても命はあるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり
 
<< twitterとか | main | 僧職ハンター2G >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.01.15 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
僧職系男子だけど
雨も上がり、時折夏を感じさせる日差しも出ていたので
本堂の掃除やら網戸洗いに興じていた仁鐵でございます

今日は常連のバイト君が来てくれたので
細かい指示などしなくても仕事を見つけて
こなしてくれるので、合間に気分良くPCに向かうと
掲示板で何やら記事への紹介リンクがございまして
どれどれとクリックいたしましたら

お坊さんの婚活支援
高野山真言宗が後継者難で…他宗派注目




( ゚д゚)…



(つд⊂)ゴシゴシ



(;゚д゚)



(つд⊂)ゴシゴシ


  _, ._
(;゚ Д゚)







リアルで馬鹿なの死ぬの?とか言っちゃいましたよ、ええ
うちの本山は、たいへんアレというか
何かと失策続きなワケですが、これは極めつけかと

ついでに、紹介いただいたVIP系ブログに
僧職系男子が今もてるらしいスレのまとめがあって
爆笑しつつ読んでたらコメント欄に
蝉丸Pがアップを始めたようですとか書いてあったんで

事情を知らない方が人生の大火傷をする前に
警告がてら、ちょっと語らせて頂きます

世の中、確かに坊主萌えという嗜好の方がおられまして
(衆道的な何かを期待してる人と7:3位でしょうか?)
僧侶と結婚するにはどうしたら?ってな話も
ニッチの極みですが耳にしたりもいたします…が

和装で、左うちわでベンツで買い物みたいな
こういうイメージがあるなら
ドロリッチ並に甘いと言わざるを得ませんので
新興宗教の幹部とか狙った方が率は良いかと

基本的に寺の嫁さんってのが
重労働+世間体+気苦労と
JSKの三拍子なのは言わずもがなですが

何が恐ろしいかと言えば
住居・老後の保証の無い世界でして
住職が先に死んだら跡継ぎが居ない限り
寺から追い出される恐怖がつきまといます

・それが故に必至に子供を跡継ぎにしようとする
・子供としては良い迷惑
・さりとて両親が老いて放 り出されるのも辛い
・嫌々ながら坊主になる
・本人も檀家も涙目

殊に寺生まれであるプレッシャーは相当なモノで
檀家さんからは、俺らの金で通わせてるとか
素行に至るまで細かくチェックされ
親からは、有形無形の期待や失望などを受け

大概は、寺を継いでくれたら
車買ってやるからとか言われて
目先の餌に食いつくような、自宗の教義の説明も
法話も出来ないような、頭のぬくいバカボンか

プレッシャーに耐えかねて
電波・アウトロー・鬱方面など
新たな地平に旅立ってしまわれるか
バランスの良い子が極めて少ない事態を招く

…もうこういう負の連鎖は止めるべきかと


やたら金にがめつい坊主が出来るのも
老後の保証が無いからこそ
必至に貯め込もうとする者があり
身内や血族で回そうとするから
在家で意欲のある人間への門戸も閉ざされる

本来徒弟制の世界を世襲にした事で
伝統仏教系教団は(半僧半俗などの宗旨を除く)
回復不能なダメージを受けてるのに
なぜ、さらに続けようとするのか…


僧侶の世襲などは、明治後期から
たかだか三代・百年にも満たない習慣なのに
ウチは代々〜とか言い出す頭の温かいボンボン坊主も居り
続いてるのは寺の歴史であって
お前の家系じゃねーんだよ!と何度思ったことやら


神職の世襲、あれは血統やクランあってのモノだから
むしろ必然的でもあり、外部の人間の参入が難しい

これは分かるんですが

しかし僧侶ってのは裏で女遊びしようが何であろうが
出家・不妻帯が大前提であって
結婚するつもりがあんならこの道に入るな!

などと言いたくなるも


自分が住職になって、寺生まれで苦労してる人達の
苦悩や苦労を間近に見ているだけに
原則論だけでは割り切れないモノも出てきます


檀家が少なく、平日は工場勤務や介護
(公務員・教師は最近なれない)などヘトヘトになって
休日は法務で休む暇もない、葬儀が入れば勤めを休んで…

統一教会の印鑑だの一部の新興宗教が
金で金を洗うが如きの儲けをしている傍らで
実際の下界の寺院は食うや食わずの寺も多いワケで

だのに坊主丸儲けと言われ
税金払ってないから良いよなと言われ
羽振りが良いんでしょ?などと言われるも

こちとら35才で手取り20万切っております!

檀家数200以上〜300以下
関東や大都市圏では無いので

経費を差し引いた法人収入から
辛うじて一人食べていける給与

源泉の額が上がらないので
調査に来た税務署員に

真顔で「大変ですね」って言われました
最近、ようやく退職金積み立て保険に入りました

世間で言うところの年収300万以下よりは
家賃などにお金がかからない分やっていけますが
事故なり病気なり、経を唱えられなくなったら
法人役員の決議で放り出されます

住職の給与は役員の合議で決まり
自由に裁量する権限はありませんし
法人会計は役員による監査体制が
確立した「模範的」な例でございます

あの…もう少しゆるくても良ろしくってよ?

まあ、現状上手く回ってるんで気分は楽ですが

ついでに今日は民放で葬儀を題材にした
TV番組があったそうで、関東や大都市圏
他宗の寺院が戒名料××万〜×××万
とか言ってる傍らで院号付けて葬儀したって
全部で××万いかないような

そういう状態がむしろ主流でして

TVやwebで大々的に言われているような
そんな大型寺院なんてのは非常に稀と心得ましょう

檀家件数200に満たない寺院や
過疎化で消滅確定地域の寺院などカツカツの状態

赴任当初など
修理だの手直しだの行事だの
もうやめて法人のライフはゼロよ(給料無し)!
などと叫んだ日々もあるので、ヒートアップしましたが

よしんば大寺院への婚活が成功しても
男子出産の跡継ぎ問題やそれに続く諸々
修羅道もかくやの展開もございますれば

 
いずれにせよ、かくの如くの有り様なので
寺院への婚活というのは
余程でない限りオススメいたしません

三代にしてシステムが破綻しかかっているのも納得


無常の道理の示すとおり
日本的な僧侶の妻帯も廃れてくれりゃあなぁ…と

あと、僧侶志望の方もたまに居られますが

自分などは好きでこの道に入り
なんとか、法人収入でやっていける寺に
婿養子などでは無い形で入山できた果報者で
この世界じゃ非常に稀な例でございます

当院は、未だに世襲の住職が居らず
まあ、そういう寺のようで本尊さんに
呼ばれるべくして呼ばれたのかとも思いますが

一般在家の家庭から道を志し
大寺院で勤め人(サラリーマン坊主)をするにせよ
フリーランスや人づてに、御縁を探すにせよ
厚生年金とか社会保険とか保証を求める方…

並のブラック企業どころの
世界じゃないので心して臨んで下さい

ウチの極端な一例ですから
普遍的な話じゃないので参考までにと言うことで…
なんだかんだと申しましても
ネットも出来る
動画も作れるで充実してますし

世の中にはこういう好例もあるので
まだまだ捨てたモンでもございませんが


サトウ ナンキ,きづき あきら
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

【2009.06.12 Friday 01:37】 author : 仁鐵
| 徒然 (日記) | - | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
【2015.01.15 Thursday 01:37】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://bouzumekuri.jugem.cc/trackback/275
トラックバック
ここは酷い風雲!曾野綾子城ですね
用事で風雲!曾野綾子城逝ってきた 結構古いビルだけどこまめな魔改造がよい ただ建てられたときの構造上、柱が部屋の中に太く張り出しており それをリニューアルで黒御影石のざらざら面を外側にして貼り付けてあるのだが 触らなければ黒いフェルトを貼り付けてある
| 障害報告@webry | 2009/06/13 12:24 AM |
並のブラック企業どころの世界じゃないので心して臨んで下さい
僧職系男子だけど | 坊主めくりより
| 琴線に触れた名言集 | 2009/06/13 11:53 AM |
日本の寺がなぜ駄目なのかがわかった - 書評 - 出家の覚悟
先日行われた長老との対談の際に出版社から頂いたもの。 出家の覚悟 南直哉 / アルボムッレ・スマナサーラ 著作出しまくりの長老であるが、僧との対談は珍しい。 おかげでわかった。 なぜ「釈迦の言葉」には惹かれても、お経なり念仏を聞きに寺へ行く気が
| 404 Blog Not Found | 2009/06/14 1:36 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/14 1:50 AM |
[本の話題]404 Blog Not Foundに『出家の覚悟』書評掲載
小飼弾氏の書評ブログ「404 Blog Not Found」にスマナサーラ長老と南直哉師(曹洞宗)の対談集『出家の覚悟』の書評が掲載された。 出家の覚悟―日本を救う仏教からのアプローチ 作者: 南直哉, アルボムッレスマナサーラ, Alubomulle Sumanasara 出版社/メーカー: サン
| ひじる日々 東京寺男日記 ehipassiko! | 2009/06/14 7:23 PM |
[本の話題][現代仏教論]『まんまんちゃん、あん。』が描いた日本仏教問題の最深部
寺よ、変われ (岩波新書) 作者: 高橋卓志 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2009/05 メディア: 新書 高橋卓志『寺よ、変われ』を読んだ。著者は長野県松本市の神宮寺の住職。地域社会を巻き込みながら、多角的なアプローチで現代における新しい寺の姿を提示し続けて
| ひじる日々 東京寺男日記 ehipassiko! | 2009/06/19 3:51 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/04/09 8:08 PM |

Calendar