思ひわび さても命はあるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり
 
<< 僧職系男子だけど | main | 6月コミックリスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.01.15 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
僧職ハンター2G
僧職系男子とは書きましたが
自分の年で男子はおこがましいなぁ…などと
先のエントリを書いてから反省した仁鐵でございます

さて、前段では地方都市の市町村レベル
檀家300以下の寺院経営という極端な一例を挙げ
この業界も世間で言うほど丸儲けでは無いという
愚痴レベルの話をいたしましたが

世の中にはニッチな袈裟萌え、坊主萌の方や
和風ライフや仏教好きなど、真面目に
寺院への婚活を考えてる人なども居り

いたずらに水をぶっかけるだけというのも
バランスが悪いですし、何より
ウチは清貧で苦労してるんですよ!などと
自分の意志で飛び込んだ業界を扱き下ろし
世間の同情を買おうというのは

モンハンで例えますならば
寄生でラージャンを狩りに行ったのに
倒せなかったからと言って
そのパーティーの人間を責めるが如しでして

僧侶としての原則はさておいても
ニーズのある話のダメ出しから入るのは
批判厨・非モテ・これだから在家上がりの
仏教オタは…との誹りを免れませんので

カツカツではない僧職系男子の狩り方も
併記するのがスジではなかろうかと思う次第

そんなワケで絶望先生ばりの
善人アピールはコレくらいにいたしまして
具体的な狩り方・傾向と対策を上げていきますと

狙い目は、都市部・檀家300〜500越レベルの
プチブル層が一番の狙い目でして
世間的に小金を一番持っているイメージに近く
存外、嫁取りもノンビリしておりますから
レウス・レイア位の難易度と想定されます

檀家数1000〜3000件というような
良家ぶった大寺院は門閥主義というか
大手同士で早くに話をつけてしまいますから
なかなか割って入る隙を見せないので
出現のハードルや条件が厳しい
ウカム・ミラボレアス・ミラバルカン相当かと

ですからハンターランクが
さほど高くもなく、低くもないという想定で
前述のプチブル層対策を講じてみたいと思います

まず、理想の狩り場は、やはり都市部でして
月参り(毎月・命日に盆のように家へお参りする)
この風習がある近畿圏よりも関東の方が
寺に抱える僧侶の数が少なくても運営可能で
割合とノンビリ構えているという特徴があります

通常、僧侶1人でカバーできるのは
檀家数300から、ギリギリ500ほどでして
500件クラスになってきますと
関西では役僧(やくそう)と呼ばれる
サラリーマン坊主を雇い入れる必要があったり
何かと大変ですが、東の場合は
親子二代で事が足りてしまう事が多いので
日常や私生活などでも行動時間に余裕があり
昼〜夕〜夜と狩る機会の多さが魅力

また、寺院や、その子弟によっては
生け花・お茶・御詠歌・瞑想体験などの
指導や会を持っている場合があるので
定例会的な行事の場もアンブッシュに最適です

狩り方に関しての手練手管は多々ありますが

押さえておくべき基本は

・早急に前に出ようとしない
狩る気が強いと殺気を感知して警戒します

・突っ込んだ教義について熱心に質問しない
引くか、コンプレックスを刺激してしまいます

・聞き役に徹して、上手く誘導
共感を引き出し、大変だったね等で理解を示す

おおまか、こんな所でして
閃光玉(メイク)・シビレ肉(酒)などで
深夜の戦いに速攻をかけると
バックレられる危険がありますので厳禁です
やはり、迂直(うちょく)の計が東洋的な王道でして

迂をもって直となし患をもって利と為せばなり

一見、遠回りに見せかけつつも最短であり
時に応じてこちらの弱さを見せつつ利益となす
悩みの相談やトラウマ話など実体の無いモノで
ライトな球を投げ、心のキャッチボール
つまり達成可能なクエストを与える事も重要です

応用や細部・狩り場は変動いたしますが
そこは経験と勘どころを見極め攻略して下さい

草食系の例に漏れず
与しやすいパターンが多いワケですが
中には亜種も交じっているので
狩りの際には、人を恨まず・己を恥じず
と、自己の責任の範囲でお願いします

しかしながら、大寺院の後輩君(未婚)
などの例を見ておりましても
大寺院には大寺院ならではの苦労も多く
金銭目当てではないかと猜疑に苛まれる
金銭があるが故の強烈な苦しみもあり

持たざる者は持ってから初めてその労苦を知る

と言うことが往々にしてございます
いくら金銭があったとしても本質的には
買えるモノが駄菓子からスイーツに変わるだけ

狩りの手順を見ただけでも
本質的に満たされることの無い修羅の巷よなぁ…
などと、一時大寺院の養子候補であった身としては
痛切に思うワケでございまして

やはりこの道が好きなのか否か
人と交流しパートナーと共に汗する
こういう気概があってこそのモノではないかと

りえぞう師匠こと西原理恵子氏の本の中で
稼ぎを相手に任せるだけという
そんなリスクのある生き方はオススメしない
何かあった時の為に技能を持つべき

と言ったくだりがありまして
結婚という生活スタイルの持つ意義が
パラダイムシフトを起こしつつある昨今
スイーツ(笑)系の女性ハンターに於かれましては
まず、本当に自分が何をしたいのかと

自己の技能や覚悟を冷静に判断し
己と向き合って見るのがよろしいかと

好きこそモノの〜などと申しますが
自分なども檀家さんからの布施という
善意の禄を頂きながら生活をしており
大きな余裕は無くとも
仏教書をはじめ漫画・小説に囲まれ
仕入れたネタを法話にしてみたり
動画作成やサイトいじりという

インドア系の人間にとっては
まさに夢の如き日々を送っております

在家出身の長男ですから
故郷の両親を看取るまでは、金銭など
世俗に汲々とする日々も続くでしょうが

悲願であった本堂の再建も為し
見るべき程の事は見つという心境でもありいを以て利と為せばなり
後はしかるべき後継を探す勤めを終えれば
後顧の憂い無く天竺・西蔵へ旅立てるんではないかと

また、少数ながら僧職を志す人もあり
未だ法灯の途絶えざるを見るに
いかに後世に伝え残していくかという
そこにこそ、軸足を置きたいという思いもあり

好きであればこそと言う気持ちが
僧職を続ける原動力になっております

いずれの業界であっても利のみを見て飛び込めば
一時は良くても、後で必ず苦しむ事になります
また、ジョークをジョークとしてと見抜ける
Vipperの諸賢に於いては存在しないと思いますが
僧職系がもてるらしい!スレなどを見て
婿養子などを志す、うっかりものの男性諸氏には


※ただしイケメンに限る


との言葉を贈り、以て警句と為せれば幸いです

【2009.06.13 Saturday 17:44】 author : 仁鐵
| 徒然 (日記) | - | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2015.01.15 Thursday 17:44】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://bouzumekuri.jugem.cc/trackback/276
トラックバック
ここは酷い党略ですね
asahi.com:遠ざかる小児病院-マイタウン東京 http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000000906150002 asahi.com:党略に泣く寄宿舎-マイタウン東京 http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000000906150001 対象が小さい福祉政策を党略と絡めるな、
| 障害報告@webry | 2009/06/16 7:07 AM |

Calendar