思ひわび さても命はあるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり
 
<< 仏式クリスマス法要! | main | 謹賀新年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.01.15 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
散多法要あれこれ
製作期間半日の動画が自己ベストを更新し
得てしてそういうモノやもしれんと思いつつ
なかなかに心中複雑な仁鐵でございます

とは言え、過去最高のマイリス率を記録しまして
ざっと見た感じ、継続的なネガコメもNGで見たら
2人ほどで、後は呆れるやら脱力するやら
有り難がって頂けるやらの反応でして
洒落で投げ込んだ一石ではありますが
コメの傾向から、なかなか面白い結果が出てきており
図らずも最近の若い子の宗教理解のほどを
感じられる波紋を見て取ることが出来たので
なんとも貴重な体験であったな…などと

意図して行ったワケではありませんが
やはり気楽にコメントが残せると言う
ニコニコの機能と雰囲気に依るところが大きく
コール&レスポンスの高さに改めて感心しました

つらつらと感じた所を上げてみると

宗派のイベントなどで観客席に質問を振って
見事に観客が押し黙ってしまうという
既存のやり方が無意味だと分かったこと

若年層であっても、テンプレートで保守的な反応が
多数見られ、山本七平が提唱するところの
日本教という概念が、かなり当て嵌まること

神仏分離以降の感覚が未だ支配的であり
神のイメージがかなり細分化してることや
日本仏教に於いて、仏教は外来宗教であり
日本の土地を借りて伝道しているので
日本の神々に法楽を捧げて祈念するという
伝統的な「お約束」が伝わっていないこと

仏教ブームなどとは言われているも
大乗に於ける天や菩薩・如来の区分は
ほぼ伝わってていないと言うこと

変化の過程や変遷・需要があって
現在の形になっているも
南伝的な立ち位置と、北伝の違いを
対立構造で捉え、非難・排斥に回る
傾向が昔より増えていること

経文では無い、書き下しの願文であっても
あまり意味が伝わっていない
願文が経文と理解されているなど
これは動画的な配慮の不足もありますが
法要の導師は参拝の願主(視聴者)の為に
祈願するものであっても
自分の祈願かよ!的な理解があったりと
業界で常識と思っていることは
ほぼ通じていない例から鑑みるに
葬儀など追善の供養と祈願法要などの
区別と言うものが伝わっていないこと

趣旨の説明や解説は逐一必要であり
そこに、いかに対処していくかと言うこと
などと、ざっと書き出してもかなりのモノであり
基本的には前提となる基礎情報の欠落が大きく
そこを体系的に分かりやすく伝える必要が
重要かつ、急務なのではではないかと

同業者や近所の寺院や仏教・基督関係者からも
多数、見たよww馬鹿だwww
という個人的なメールや感想などを貰ったり
改良点などを指摘されたりもしましたが

動画中、特定宗派からの立ち位置的な批判は
見受けられず、見る側が基礎知識があると
踏まえて作成した突っ込みどころに対して
的を射た批判コメが、あまり見当たらず
その他のリア住率は低いのか?などと思うも
今後に役立てそうな指針を多数頂きました

反省点としては動画の時間がかなり長いこともあり
前供養や任意・経文の随意など
仕込んだネタの半数が没になったことと
(越法的な部分は削除した上で)

普段は演奏の音を加工して発表するも
作成時間に余裕が無かったので
今回はデジカメの録音垂れ流しとなり
演奏動画としてはNGなことなど
作成時、徹夜で明け方だったので
少呪や真言・神分などの説明を省いた事など
あと一手間!を惜しんだのが悔やまれます

とは言え、その拙さが突っ込みどころになり
多数のコメに繋がったのではとも思うので
さじ加減の難しさを改めて思い知りました

また、なんで散多の当て字かという
質問も多数ありましたが
他者の為に私財を多く散らし
寒いのに御苦労さまですという単純な話で
大百科の散多菩薩の充実度やクオリティ
深慮遠謀と集合知の凄まじさには
パスタ噴き出すかと思いましたw

ともあれ全力で馬鹿な真似を
大真面目にやってみましたが
得るものも、失ったものも釣り合っており
世の中よくしたモノだと感心すること暫し

親に怒られるぞ、とか、良い寺に住んでやがって
坊主丸儲けとかに関してはFAQと
罰が当たる関係は…テキストが思い出せないので
去年の年末の日記でも見てやってください
ちなみに機材や寺は8年がかりの結晶でございますw

最後に多数のご視聴に感謝すると共に
アホ丸出しの動画ながらも
視聴くださった皆様に福徳が巡りますよう
ガチで祈念いたしました!それでは良いお年を!
【2009.12.28 Monday 01:40】 author : 仁鐵
| 徒然 (日記) | - | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2015.01.15 Thursday 01:40】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://bouzumekuri.jugem.cc/trackback/326
トラックバック
メリークリスマス from寺(通称『寺メリ』)
本年はついに恒例の明石家サンタをスルーし、メリーもクリーも関係ない24日でありました。つーかフツーに年末進行で忙しいので。 さて私の業界(一部)で話題沸騰のこの動画。ここではyoutubeのほうをアップしておいたが、ぜひニコニコ動画の本編をチェックしていただ
| SMCN open 乾門 | 2009/12/28 10:16 PM |

Calendar