思ひわび さても命はあるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり
 
<< 1月コミックリスト | main | 2月コミックリスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.01.15 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
大会議・法話補足
先日、大阪のクラブクアトロにて行われた
ニコニコ大会議 in 大阪に出演して一席やって参りましたが
時間一杯に話を詰め込んでしまい、不備があったので
こちらの方で、補足などしておこうかと

 



和顔愛語は本来的な意味で申しますと
穏やかな顔で穏やかな言葉を使うという意味でして
怒りを遠ざけ、相手を思いやる言葉を使う
ここから転じて、荒々しいコメントを避ける
と、こうやりたかったんですが
リスペクト方面の時に、コメントと言う単語が
とっさに出てこなかったので
主として、心の方面で話を纏めてしまいました

また、笑いの種類に関しましても
二種類どころで収まるモノではありませんが
自分や他人を傷つける方の笑いには
根本の六つの煩悩である

貪(とん) むさぼり求める
瞋(じん) 怒りを起こす
癡(ち)  無知・無明ともいい正しい道理を知ろうとしない
慢(まん) おごりたかぶり自らを最高と考える
疑(ぎ)  正しい見解すらも疑う
見(けん) 間違ったモノの見方をする

これらが含まれておりますし
そこに付随する煩悩である十纏(じってん)など
無漸(むざん)  内面的に恥じず現状を肯定する
無愧(むき)   人に恥じないばかりか反省もしない
嫉(しつ)     ねたみ・そねみで他を貶める
慳(けん)     ものおしみで執着を強める
悪作(あくさ)   後悔するのが分かっていても止めない
睡眠(すいめん) 眠りに陥らせる精神作用
掉挙(じょうこ)  精神的な躁状態で集中を欠く
昏沈(こんじん) 精神的な鬱状態で心が沈み込む
忿(ふん)     激しくいきどおり心を乱す
覆(ふく)     自らの罪をおおい隠す
これだけ種類もあったりするワケですが
確かに動画の性質によっては
ニコニコと見ていられないモノもあります

ただ、正義感からとは言え
指摘や忠告は三度行って無駄であった場合
自らの身を危うくしたり、生じる怒りによって
自分自身が害されることもありますから
聞き入れられないのなら
仏の顔も三度の故事に習って、そっと離れる
こういう選択がよろしいんでは無いかと

コール&レスポンスが良いと言っても
ネットの事であり、リアルに対面している
ワケではありませんから
そこに捕らわれて自身の心を怒りで汚すよりは
そっと離れるスルースキルも大事かと

あと指摘や忠告を全て「荒らし」と受け取って
自省なきままに、上の法話を当てはめるのも
ちょっと筋が違うと言う場合もございます
これはコメを受け取る心の状態次第でもありますが

毀誉褒貶(きよほうへん)と言って
持ち上げられたり、落とされたりは
動画作成に限らず、表現する者の常と思い
それをバネにしてクオリティを上げてやる!
と、このように考えるか
慢(まん) おごりたかぶり自らを最高と考える
無漸(むざん)  内面的に恥じず現状を肯定する
見(けん) 間違ったモノの見方をする
こういった心の状態とクオリティで留まってしまうか
受け取り方は様々ですが
大きな喜びには苦しみが付き纏うモノであると
心得ておく事も重要ではなかろうかと

だから、最終的には
そういう所から離れようというのが仏教ですが
まずは、ガンガンと名利の荒波に揉まれてこそ
はたと分かることもございますので
それは、それとしておきますが

残りの補足としては
自分で自分の行く道を塞ぐは
自分が取った偉そうな態度で他人の不興を買い
仕事を干されたり、クビになったりと
そんな若い頃の自らの体験でございます

おのずと道が開けてくるは
アラ捜しや、自分の主張が容れられず
常にイライラ・ピリピリしている状態ですと
見えるモノも見えなくなってしまい
ストレスで苦しみが募るばかりで
物事の勘所や、細やかな人情の機微を捉えられず
どんどん悪いスパイラルになって参りますが

敬愛・リスペクトの気持ちで、穏やかに
よく相手を見るようになりますと
細やかな気遣いや、気配り、観察眼など
そういった視点から不意に良い手段が浮かんだり
肩の力を抜いたときに、ススッと物事が
上手く進んだりと言う意味合いでございます

それこそ好き勝手にやっている自分はどうかと
このように問われれば
仏教離れの激しい中
まずは若い人に目を向けて貰えれば
そこから興味の湧く人も出てきましょう
などとシレッと申しておりますが
本堂で全力で懺悔してたりも致しますので
フリーダムなばかりでも無いんですよ!

などと思いつつ、また次のネタを考えるなど

こういうのを
無漸(むざん)無愧(むき)
と申しますので覚えておきましょう!

あとリクエストのあった
散多菩薩の願文も微妙に間違った訳がついてるので
次の機会までに現代語訳を作っておきます
【2010.01.14 Thursday 01:13】 author : 仁鐵
| 徒然 (日記) | - | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2015.01.15 Thursday 01:13】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://bouzumekuri.jugem.cc/trackback/329
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/01/20 3:02 AM |

Calendar